robedecocktail 新宿 ブログ

"BONSAI"の魅力

2018.06.01

はじめまして、土肥と申します。
初投稿となりますが、よろしくお願いいたします。

今回は、最近密かにハマっている「盆栽」について、
ご紹介したいと思います。

「盆栽」と聞くと、
ご年配の方の趣味というイメージがありますよね。

しかし、現在ではインテリアとしても注目されており、
世界的にも”BONSAI”として親しまれています。

そんな盆栽をたっぷりと鑑賞できる
「大宮盆栽美術館」なるものが、
埼玉県さいたま市にあると知ってから、
居ても立ってもいられなくなり、早速行くことに。

盆栽はさいたま市の伝統産業のひとつに
指定されているそうで、
なんと「盆栽町」という町名があるほど。



そんな盆栽町にある「大宮盆栽美術館」には、
とても立派な盆栽がたくさん展示されていました。

今回は、展示されていた盆栽の中から、
特に印象に残ったものをいくつかご紹介します!



まずはこちらから。

まさに王道といった美しい佇まい。
「蝦夷松(えぞまつ)」という樹の種類で、
樹齢はなんと1000年!

この樹の歴史を考えると、
言葉では言い表せないほど感慨深い気持ちになります。



続いてはこちら。
枯れた枝が腕のようにニョキッと飛び出しており、
その迫力と美しさに圧倒されてしまいました。

このように枯れて白くなった枝は「ジン」と呼ばれ、
盆栽の魅力のひとつになるそうです。

こちらは「真柏(しんぱく)」という樹で、
樹齢は350年だそうです!

帰りがけに盆栽の販売所を覗いたら、
かわいらしいミニサイズの盆栽にひと目ぼれして、
思わず購入してしまいました。



こちらが、その盆栽。

小ぶりなので場所を取らず、
気軽に飾って楽しんでいます。

こちらのようなミニ盆栽であれば、
私みたいな初心者でも始めやすいですね。
これからたっぷりと愛情を注いで
育てていきたいと思います。

このブログを読んで、
盆栽に興味を持ってくれる方がいると
とてもうれしく思います。

以上、盆栽の魅力についてでした。

想像と散策

2018.05.25

こんにちは、澤登です。

さわやかな風が心地いい、
過ごしやすい季節になってきましたね。

外へ出るのも楽しくなり、
街を散策してみては、ふらりとお店に立ち寄り、
ついつい雑貨や洋服に手を伸ばしてみたり。

帰る頃にはいつのまにか
荷物が増えている、なんてことも。

先日ふと立ち寄ったお店にて
植物の苗が目に留まり、
気づけば手に携えていて。

自宅のどこに配置しようか、
考えを膨らませながら引き続き散策。

その日も家路につく頃には、
手にはたくさんの荷物が…。

気を取り直して、
お気に入りの鉢に植え替え。



まずはテレビ脇に。




うーん、いまいちしっくりきません。

ここで突然、部屋の雰囲気も変えたくなり、
雑貨なども動かして鉢を別の場所へ。



何度か場所を移しては遠くから眺めてみたり、
また少し動かしてみたり。

そんなこんなで移動を繰り返しながら、
最終的には玄関に落ち着きました。



部屋のどんな所に置いてもアクセントになる
植物の素晴らしさを改めて感じつつも
頭の中はすでに、次はどの街へ行こうかなと
次回の散策への想いが膨らみはじめ…。

みなさんもこの季節に街へ出かけてみては
いかがでしょうか?

思いがけない素敵な出会いが
きっと待っているはずです。
https://rbt.com.ua/

bestseller-sales.com

Levitra sans ordonnance