robedecocktail 神戸 ブログ

結婚式の準備をしよう!

2018.10.26

お久しぶりです、石川です!

毎度DIYやリメイクについてお送りしているわけですが、今回のテーマはウェルカムボード。

 

そう、実は私、今年の春過ぎに入籍しまして。式を来月に控え、刻一刻とその日が近づいてきています。

それにも関わらず、まだまだ準備することがあるのか、ないのかよくわからない状況なのです

 

妻を見ていると、女性は衣装のほかにも髪型、メイクなど決めることが多くて忙しそう

一方、私はというと、1日であっさりと衣装なども決まってしまいました。女性は大変だなぁ

とは言いつつ、「何も手伝わない旦那」と思われるのも嫌でこの度、取りかかれていなかったウェルカムボードを準備しよう!と思い立ちました。

 

そもそもウェルカムボードとは、どういうモノなのか?

ネットで見てみると、似顔絵のパネルやチョークボード、ガラスのプレートなど、種類や素材もさまざまで、おしゃれなものばかり。

 

ネットで見たようなすてきなボードを作るために、まずは、テーマを決めなくては。

式場の内装はクラシカル。ゲストのみなさんには、落ち着いた時間を過ごしていただきたいので、ボードはアンティーク調にすることに。

 

卓上に置くので小ぶりになってしまいますが、小さいながらも存在感は出したい。

そこで選んだのがこちら。

 

 

 

金のフレームのミラーに、白のポスカでメッセージを描くことに。

ですが、直にいきなり描けるほどの画力が私にはないので、ネットにあるフリー素材のフォーマットを使ってみました。

その下に複写式のチャコペーパーを敷いて下絵を作る作戦です。こちらのような感じですね。

 

 

 

マスキングテープでとめて、力を入れ、ボールペンでひたすら文字枠をなぞります。

 

 

 

すると

 

 

 

想像以上にハッキリと字が写ったので一安心!

あとはこれにポスカで色を塗るわけですが。

中学生以来、久しぶりに使うので懐かしさを感じながら、気づけば無心になって色を塗っていました。

 

 

 

そして、いい感じにまわりを飾ってやっとこさ完成!

我ながら満足のいく仕上がりになりました。

 

 

 

 

 

本番の式までには、どんな花を選ぶのか、どんな写真を使うのかなどを決めていかなくては

 

そっか。こだわればこだわるほど、準備が増えていくのが結婚式なんだと気づきました。

当たり前のことですが()

 

増えていくのが結婚式なんだと気付く。

当たり前の事ですが(

 

どうやら、準備することはまだまだありそうです。

でも、悩みながら準備するのも楽しいですね!

どうか、うまくいきますように

                            

robedecocktailリメイク部、再び

2017.11.17

みなさま、おひさしぶりです。

前回のDIY記事(古いヒーターとアイロン台)に続き、
今回はデスク作りに挑戦してみました!

この夏、新たに引っ越しをしたので、
空いたスペースに置くコンパクトなデスクを。

まずは、御用達のホームセンターでSPF材をカット。



SPF材は色が白くてやわらかく、加工しやすいため、
初心者さんにもおすすめの木材です。

ラフな仕上がりにしたかったので、
あえて天板を4等分にし、それをまた継ぐ
という手間のかかるリメイク方法にしてみました。

木材をサンダーでやすりをかけ、表面を滑らかに。
その後、オイルステインを塗り、布ウエスでオイルを拭き取る。
そうして、ムラなく下地の色味を浸透させていきます。



乾いたらワックスを塗り、
さらに磨き、光沢を出していきます。

オイルステインのみの板と見比べると、
とても味わい深くなってきました。



(左 オイルステインのみ / 右 ワックス仕上げ)

思い通りの色味に近づき、しばし自己満足。

テーブルの完成にはまだまだここからです。

各部材の側面にドリルで等間隔に穴を開け、
接着材を流し込み、木ダボをはめていきます。





そうして、4つの板をすべて継いで、
裏面を銅版で補強したら天板が完成です!



でき上がった天板に、
古くなって捨てる予定だった机の脚を取り付け。

無事ぴったりとはまり、
ようやくデスクが完成しました!



大満足!!!

今度は何を作ろうか。
このデスクで、じっくり計画を練ろうと思います。

次回のDIYもお楽しみに!
ford.niko.ua/cars/new-kuga/

http://citroen.niko.ua

магазин бытовой химии