佐藤のブログ

RECENT ENTRY

美術のチカラ

2018.05.18

こんにちは。
藤井と申します。

初めての投稿となる今回は、
最近、特に夢中になっていることについて
お話したいと思います。

それは、美術館へ行き、
絵画や彫刻などの作品を見ることです。

実は、今まで芸術には全くの無縁で興味も無く、
何がよいのかさっぱりわかりませんでした。

ところが、去年の冬にふと思いついて
美術館に足を運んでみることに。

向かった先は、豊田市美術館で開催されていた
「アルベルト・ジャコメッティ展」



作品からジャコメッティの生き様が想像できて、
納得いくまで追求し続けるストイックな精神に惹かれました。

この感動に出会えたのがきっかけとなり、

名古屋市美術館「シャガール展」


愛知県美術館「レオナルド・ダ・ヴィンチとアンギアーリの戦い展」


国立西洋美術館「プラド美術館展」


東京都美術館「ブリューゲル一族展」


など、数々の美術館を巡ってきました。
今では名古屋から1人で東京へ行くほど夢中になっています。

入館してからすべての作品を見終わるまで
短くても2時間、長いときは3時間ほど平気で滞在しています。

ひとつの作品の前で30分間ずっと突っ立って、
色んな考えを巡らせることもあります。

作者は何を思って描いたのか?
何を考え、何を伝えたかったのか?
どんな心境だったのか?などなど。

作品一点一点を食い入るように見つめてしまうので、
頭がパンクしそうになるというか、ものすごくパワーを使います。
美術館を出るころには、チカラを使い果たし、
現実の世界に戻ってくるまですこし時間がかかるほど(笑)

絵のセンスがない私には、
構図などの専門的なことはわかりませんが、
強く惹きつけられる作品にあるのは、
ただただ純粋な「興味」と「自分らしさ」でしかないのかなと、
思っています。

私も「好きなものを好きなように、自分らしく生きていきたい」と、
毎回、作品から刺激とチカラを受け取っています。

次はモネを見に行こうかなぁ…。

世界遺産

2018.05.11

はじめまして、中野です。

今回は、私が初めて海外へ
旅行した時のことをお話します。

みなさまも一度は、思ったことはございませんか?
世界遺産を見てみたいと。

代表的な場所にグランドキャニオンや
アンコール・ワット、マチュピチュなどがございます。

私が行きたいと思っていたのは、
ずばりナイアガラの滝。

世界三大瀑布のひとつでもあり、
一度はこの目で見たいと思っておりました。

という訳で、
ナイアガラを目指し、いざトロントへ!


トロントに到着して、
まず目に入ったのが巨大なタワー。

CNタワーという553mもの高さを誇る、
トロントのランドマーク的存在の
観光用タワーだそうです。

下から見上げてすごいなーと思いつつも、
時間がないので登るのは断念いたしました。

「巨大なものへの憧れは滝で満たす!」

そんな決意を胸に、
バスに揺られること約2時間。
ナイアガラに到着しました。

バスを降りて徒歩15分ほどでしょうか。

「ドドドドドドドドドドドドッ!!!」

っと地鳴りのような響きが聞こえてきて、
近づくにつれ、音も期待も大きくなります。

そしてついに眼前に、ナイアガラの景色が!


期待値が高すぎたのか、
なんか思ったよりも規模が...。

と思いつつも気を取り直して、遊覧船に乗ったり
写真を撮ったりしてナイアガラの滝を楽しみました。

それから、のんびり食事を済ませ、
周辺をブラブラと散歩しておりました。

日も暮れてきて帰る時間も近づいてきたのですが
最後だしもう一度見てみるかと思い、
再び滝のほうへ。

するとなんということでしょう、



滝がライトアップされているではありませんか!

辺りには轟音が鳴り響き、
大量の水しぶきが上がるなか、
ブルーにライトアップされた滝がなんとも幻想的で。

驚くほどきれいな景色を目にし、
本当に来てよかったと思える瞬間でした。

初めての海外旅行でしたが、
もう次はどこに行こうかなと考えております。

そして今後こそは、
憧れの世界遺産に行ってみたいと思います。


????


そうなんです。

実は言うとナイアガラの滝は
世界遺産に登録されていないのです。

世界三大瀑布の残りふたつ、
イグアスの滝(アルゼンチン・ブラジル)
ヴィクトリアの滝(ジンバブエ・ザンビア)は
登録されているというのに。

行く前に調べている途中で発覚したのですが、
もう脳内がナイアガラになっていたので、
世界遺産クラスであるとして向かったのでした。

世界遺産を巡る旅は、
また今度お伝えできればと思っております。

とある休日

2018.05.02

オレrobedecocktail初登場の池田です。
 
先日、久々に妻と休みの日が合ったので
一緒に茨城県ひたちなか市にある、
ひたち海浜公園に行くことに。
 
こちらの公園は、
たくさんのお花が植えてあることで有名ですが、
一度も行ったことがなかったので、
とても楽しみに当日を迎えました。
 
起きてみると、なんとあいにくの雨模様...。
心配になりながらも、とにかく現地に向かうことに。
 
道中、雨が続いていましたが、
到着してすぐにやみ、晴れ間が見えるほどに。
 
怪我の功名とでも言いますか、
雨上がりの景色はとてもきれいでした。
 
きれいすぎて写真を撮り忘れるほどだったのですが、
一部をご紹介します。
 
まずは、海外でも話題の景色。
 

 
一面のネモフィラの群生。
 
まるで天国のような景色だと
話題になっているようです。
 
「みはらしの丘」一面に広がる景色は
話題になるのも納得の
息をのむような美しい景色でした。
 
「お花畑っていいな~」
と丘を歩きながらしみじみ。
 
ネモフィラの次は、
チューリップ畑に向かうことに。
 
公園内の橋を抜けると、
一面のチューリップが色とりどりに咲きほこっていて、
まるで僕たちをやさしく出迎えてくれているようでした。

 
 
青一色に広がったネモフィラも素晴らしかったですが、
個人的にはチューリップの美しさに心を打たれました。
 
淡いピンク色をしたチューリップが
特に気になったのですが、その場では品種が確認できず。
 
いまも気になり続けており、
今度、いつもお世話になっているお花屋さんで
詳しく聞いてみようかなと思っています。
 
自宅ではたまに、フラワーベースに
お花を生けているのですが、
次はチューリップを買おう!と心に決めています。
 
お花畑を見に行くこと自体がはじめての経験でしたが、
とても楽しい1日になりました。
 
栃木県にある足利フラワーパークも
花のテーマパークとして有名みたいですね。
 
もし行く機会があれば、
またお花レポートをしたいと思います。
 
以上、わたくし池田のお休みの話でした。

休日の過ごし方

2018.04.27

はじめまして。水本といいます。
初投稿になりますが、
よろしくお願いします。

今日は僕の好きなものについて、
お話をさせていただきます。

みなさんはお休みの日に、
必ずすることはありますか?

僕の休日は、朝起きてまず、
その時の気分で選んだコーヒー豆を挽き、天然水を沸かして、
抽出したコーヒーをカップに注ぎます。

そして、一杯のコーヒーをゆっくりと味わう。

そうする事で、何かと慌ただしい日の朝とは違う
特別な時間を楽しめるのです。


あとコーヒーに欠かせないものといえば、
何と言っても音楽じゃないでしょうか?

音楽が流れていることで、
朝のリラックスタイムを
より心地よいものにしてくれます。

昔レコード屋で働いていた時に集めた
膨大なレコードコレクションの中から、
その時の気分に合わせて選曲。

好きな音楽を聴きながら、
淹れたてのコーヒーを飲んでいると
本当に時間を忘れるくらいにリラックスできます。

おすすめなので、
ぜひ試してみてください。


みなさんも、休日にしかできない
自分の好きな事を
見つけてみてはいかがでしょうか?

普段とは違った気分で休日を過ごせれば、
仕事にもメリハリがついて、
また頑張ろうという気持ちになります。

それでは、またの機会に。
 

インスタ映えを求めて

2018.04.20

「インスタ映え」
最近よく耳にする言葉の1つです。

こういったものにすこし疎い僕からすると、
なんとなくおしゃれな写真...。

その程度しかイメージすることができず、
具体的にどのようなモノ、コトを指すのかが
不確かなままとなっていました。

わからないからこそ知りたい!!!
突如として猛烈なモチベーションが湧き起こりました。

早速ネットで検索してみると
『インスタグラムに掲載すると映える写真を指し、
食べ物・建物・風景などによく用いられる言葉』
ということのようです。

なんだかよくわかりません...。

さらに調べていくと
ひとえにインスタ映えといっても
さまざまなテイストがあるらしく。

ナカでも特にカラフルな色のもの・非日常感は
若い女性から高い評価を得るとのこと。

こんな浅い知識だけを身につけた僕ですが、
ちょうど旅行をする機会があったので
1ヶ月かけて挑戦してきました。

名付けて「インスタ映え探しの旅」

その軌跡と汗と涙と笑いに
少しだけお付き合い下さい。

まずは韓国・ソウルに行ったときの写真から。


ただのピンクの自動販売機ではありません。
このインスタ映えしそうな自動販売機、
実はカフェの入り口になっています。

映えというよりただの驚きかもですが、
でも面白いですよね。


こちらは、
そのカフェのカスタードケーキ。

ピンクを中心とした色味は
とてもかわいらしくデザインもファンシー。
味もおいしくて大満足でした。

続きましては、
ハワイ・カカアコ地区にあるとある倉庫街での写真。
ore_180420_3.jpg

この地区の倉庫の外壁には
個性豊かでrobedecocktail.infoなウォールアートがたくさんあり、
歩いているだけで楽しい気持ちになります。

毎年新たなアートが上書きされるので、
何度行っても飽きのこない、おすすめのスポットです。
ore_180420_4.jpg

特に人気なのがこの「カラフルモンスター」
カラフルだし、旅という非日常だし、
これはまさにインスタ映え抜群です。

食べ物・建物ときたので最後は風景ですね!


続いてはハワイ・オアフ島にあるピルボックス。
ハイキングコースの終着点から眺めるビーチは
それまでの過程もあってか、とてもきれいに見えます。

「全米で最も美しいビーチ」の№1に輝いた事があり、
「天国の海」とも呼ばれているそうです。

こんなインスタ映え間違いなしの風景を観ながら
食べるサンドイッチは格別です。
それこそ涙が出そうなくらいおいしかったです。

行かれる際は、昼食の持参をおすすめします!

インスタ映えを探し回った
今回の旅はいかがでしたでしょうか?

笑いをお届けできずで反省点はあるものの、
1回目にしては上出来ではないでしょうか?

今回はいつも行かないような場所を旅して、
「インスタ映え」のなんたるかを知れたような気がしました。

これからも、未知へのチャレンジと
おもしろいハッシュタグを探し続けようと思います。

#オレrobedecocktail #インスタ映え
#旅 #ハワイ #韓国