robedecocktail

ライトについて

ライトそのもののデザインだけでなく、光の強さや色、あかりの組み合わせによってお部屋の雰囲気は大きく変わります。
人が集まるところに、くつろぎの場所に、お部屋の目的や暮らし方にあったお好みのライトをお選びください。

ライトの種類と特徴

ひと言でライトといってもたくさんの種類があります。
目的やシーンにあったライトを選ぶために、それぞれの特徴をご紹介します。

A-C
Aシーリングライト

天井面に直接取り付けるライト。高い位置から照らすため光がまわりやすく、お部屋全体をまんべんなく照らしたい時に向いています。

B
フロアライト

床面に立てて使うライト。コーナーや壁面の近くに置くと、空間を素敵に演出します。

Cペンダントライト

コードやチェーンで吊り下げるライト。高さを調整することで光の広がりが変わります。ダイニングテーブルの上などに使われることが多いです。

D-F
Dデスクライト

デスクの上に置いて使うライト。ヘッドの向きを変えられるため、読書をする時や手もとだけを照らしたい時に便利です。

Eテーブルライト

テーブルや棚の上に置いて使うライト。移動が簡単なので、明るさをちょっとプラスしたい時やどんなシーンにも使いやすい照明です。

Fシャンデリア

コードやチェーンで吊り下げる多灯型のライト。空間を華やかに演出してくれるので、ライトをお部屋のポイントにしたい時におすすめです。

お部屋の広さにあった明るさの目安

目的やシーンによって必要な明るさは異なりますが、目安として1畳あたり約40Wと言われています。
お部屋の広さが8畳なら40W×8=320W、10畳なら40W×10=400Wとこの目安さえ覚えておけば、お部屋のライト選びも簡単です。

明るさの目安(ワット数)
4.5畳(7㎡) 60W-180W
6畳(10㎡) 100W-240W
8畳(13㎡) 240W-320W
10畳(17㎡) 320W-400W

ひとつのライトですべての明るさを満たすのではなく、複数のライトを組み合わせることで光と影のリズム感がある素敵なお部屋に仕上がります。

例) リビング8畳の場合
リビング8畳の場合
例) リビング10畳の場合
リビング10畳の場合

ライティングのポイント

ライトの役割は明るく照らすことはもちろん、心地のいいムードを演出すること。 光と影のバランスを意識してライトを組み合わせると、空間の明暗にメリハリがつき、立体感が生まれます。 目的やイメージに合わせた雰囲気を作り出す、ライティングのポイントをご紹介します。

中心感をつくる
中心感をつくる

リビングやダイニングなど人が集まるところは、リビングテーブルやダイニングテーブルの上に光の重心を置くことで中心感ができ、自然と集まりたくなるような雰囲気を演出できます。

コーナーや壁面を照らす
コーナーや壁面を照らす

視線の先や壁面を明るくすることで、空間に広がりが生まれます。また壁が明るく照らされることで、実際の照度以上の明るさを感じられます。

光の重心をさげる
光の重心をさげる

足元や床面が明るくなるように低めの位置にあかりを置くと、空間にくつろぎ感がでます。ゆったりと落ち着いてリラックスしたいリビングやベッドルームにおすすめです。

取り付け可能な配線器具

天井から吊るすライトは、いずれかの配線器具が付いていれば取付が可能です。一般的な天井照明と同じ形のため、ほとんどの場合はそのまま取り付けて頂けます。

  • 「引掛シーリング」が付いていない場合は電源工事が必要です。
配線器具

電球の交換について

電球の交換は基本的にどの電球(白熱・蛍光・LED)でも交換が可能です。新しく電球を購入する際は、大きさや明るさなど以下の点をご確認ください。

  • 口金のサイズが同じ電球をお選び下さい。 口金(クチガネ)とは、電球とソケットをはめ込む部分を指します。 口金のもっとも一般的な形状は「ねじ込み型=E」です。他にも蛍光管などで用いられている「差込み型=G」など、 電球によって様々な形状があります。アルファベットの後にくる数字は、口金のサイズを表しています。
    口金
  • ワット数が指定の電球と同じ、またはそれ以下のものをお選び下さい。
    • 指定のワット数以上のものを使用すると破損や故障の原因とありますのでご注意下さい。
  • 電球の大きさが商品に収まるサイズかご確認下さい。同梱してある電球の形と同じものをおすすめします。
  • 調光機能(明るさがリモコン等で調節できる)が付いた照明にLED電球を使用する場合は、「調光器対応」の電球をお選び下さい。
профнастил киев

www.buysteroids.in.ua

https://pofar.com.ua