robedecocktail

カーテンのサイズの測り方

カーテンのオーダーには採寸が重要です。
以下の手順に沿ってお部屋にぴったりなカーテンサイズを算出しましょう。

カーテンサイズを測る際のご注意

※カーテンレールがついていないと採寸はできません。必ずカーテンがついている状態で採寸をしてください。
※現在使っているカーテンサイズを測るのではなく、必ずカーテンレールを基に採寸をしてください。

1. 幅を測る

カーテンレールを基準に幅を測ります。まずはレールタイプを確認しましょう。
※カーテンレールがついていないと採寸はできません。

機能レール

ランナーの端から端まで

装飾レール

ランナーから窓枠外側までと 窓枠外側から床・家具まで

※出窓の場合  A + B + C = 幅の寸法

2. 丈を測る

窓のタイプを確認して計測しましょう。

掃き出し窓の場合  

ランナーから床まで

腰窓の場合  

ランナーから窓枠外側までと窓枠外側から床・家具まで

出窓の場合  

ランナーから窓台まで

3. 開き方を選ぶ

横幅の大きな窓は両開き、小さな窓には片開きがおすすめです。
※1.5倍ヒダ・2倍ヒダ⇒幅50~100cmまで、ストレート⇒幅50~140cmまでは、片開き1枚での縫製となります。両開きでの製作はできませんのでご注意ください。

両開き/1窓にカーテン2枚

中央から両側に開きます。
一般的に良く利用されている仕立て方です。

片開き/1窓にカーテン1枚

左右どちらか片方に開きます。
幅の狭い窓、左右均等で無い窓、障害物がある場合におすすめです。

[タッセルの追加について]

片開きは1本、両開きは2本ご注文ください。

4. 吊りタイプを選ぶ

レールのついている位置や形状によってカーテンの吊りタイプが異なります。

天井付け(Aフック)

レールが見えるタイプ

正面付け(Bフック)

レールが隠れるタイプ

機能レール
装飾レール
生地のはぎ合わせについて
  • カーテン1枚の幅サイズが下記
    表サイズを超える場合、右記写真のように生地をはぎ合わせて縫製します。
  • はぎ合わせにより、柄にズレが生じる場合があります。
  • ※RAYURE LACE、BOUND LINE LACE、SCHORS、PLATEAU LACE、GRIDIA LACE、SPUN VOIL、STRIPE VOILを除く
1.5倍ヒダ 101cm
2倍ヒダ 76cm
ストレート
(天然素材のみ)
141cm
(131cm)

5. 仕上がりサイズを算出する

測った幅、丈をもとに仕上がりサイズを計算します。
選んだプリーツや、お部屋の窓タイプによって、幅・丈の計算方法が異なります。

プリーツ 1.5倍ヒダ
2倍ヒダ
ストレート
50~
300cm
計測幅
×
1.05
(両開きの場合は
偶数繰上げ)
計測幅
×
1.1
(両開きの場合は
偶数繰上げ)
301~
560cm
計測幅

10
(両開きの場合は
偶数繰上げ)
窓タイプ 掃き出し窓 腰窓 出窓
ドレープ レース ドレープ レース ドレープ レース
計測丈-1cm 計測丈-2cm 計測丈+
10~15cm
計測丈+
9~14cm
計測丈-1cm 計測丈-2cm

例)2倍ヒダ・掃き出し窓・計測幅210cm・計測丈190cm・両開きオーダーの場合
幅サイズ:210×1.05=220.5cm 偶数で繰り上げし、222cm
丈サイズ:ドレープ⇒190-1=189cm レース⇒190-2=188cm

※両開きの場合、入力いただく幅の半分のカーテンが2枚出来上がります。
例)幅180cm⇒90cm×2枚
※1.5倍ヒダ・2倍ヒダ⇒幅50~100cmまで、ストレート⇒幅50~140cmまでは、片開き1枚での縫製となります。両開きでの製作はできませんのでご注意ください。

www.baden-medservice.com/lechenie-detskih-boleznej-v-germanii/

adulttorrent.org

http://adulttorrent.org